SILVER BULLET AM (水性エポキシ抗菌塗料)

インフルエンザやコロナウイルス、食中毒による集団感染やバクテリア等による感染症が、私たち人類の大きな問題となっています。インフルエンザひとつでも毎年さまざまな感染型が流行するように、時代を追うごとに微小なウイルスもさらに耐性を増してとどまることを知りません。海外で感染拡大してきたウイルスが日本国内に侵入するルートも大いにある現代社会であり、私たちは進化を遂げる微生物に対して、最低限健康危機管理を必要とされている状況にあります。感染症問題は人類永遠の課題といっても過言ではありません

銀の歴史

人類は数千年前から生活に銀を取り入れてきました。紀元後のエジプトでは水の長期保存に銀を使い、中世ヨーロッパでは王侯貴族の食事の際に銀食器を使い、中国では始皇帝が毒殺されるのを防ぐために銀食器が使われていました。現代も、銀の高い殺菌能力により抗菌剤として多く普及しています。浄水器の減菌システムや歯科治療での詰め物、眼病治療にも銀は使われています。 銀はまさに自然界から送られた天然の抗菌剤です。 銀のパワーを凝縮したSILVER BULLET AMを不特定多数の人が触る部分やウイルス・菌が付着する場所へ塗ることで、感染率を軽減します。

銀・銅イオンによる抗菌塗料

米国食品医療品局(FDA)認定
シルバーブレット(Silver Bullet) は、米国の水性ステンレススチール塗料メーカーであるバーク・インダストリアル・コーティング社(バーク社)により開発された、抗菌剤を含む高品質の画期的な水性エポキシ抗菌塗料です。 銀・銅イオンの特殊配合により塗装面並びに下地部分を、インフルエンザやコロナウイルス、大腸菌・サルモネラ・リステリアなど約650種類のバクテリアやウイルス等の増殖と繁殖を防ぎます。
米国のみならず全世界で、自動車やオートバイ等の部品や化学精製工場・石油精製工場設備・食品加工工場の機械設備関係等の、湿気・水分・化学薬品等の極めて厳しい条件下で機械や設備を守る為に使用されています。長年、このような厳しい条件下に耐え得る塗料開発の経験と技術に基づき、この水性抗菌塗料のシルバーブレットが開発されました。
最高品質の水性エポキシを使用しており、抗菌作用のエジオン・システム(銀・銅イオンにより抗菌作用)を取り入れた塗料です。水性で作業をする人間はもとより、自然にとても優しく、清水で希釈したり、作業後は水と洗剤での清掃が可能です。米国での各食料品加工工場の機械設備は、バーク社の非常に耐久力のある水性ステンレススチールで本塗りされ、このシルバーブレットがトップコートとして塗られることが主流になってきています。

製品概要

SILVER BULLET AM

高い抗菌性を持つ、水性エポキシ抗菌塗料
バーク社は50年以上もの間、産業用コーティング塗料の技術分野を牽引し、 25年以上食品加工産業の製造機器のコーティング(保護)用塗料の開発・改良を行ってきました。

シルバーブレットを塗装することで、塗装表面並びに下地の部分を、インフルエンザやコロナウイルス、大腸菌・サルモネラ・リステリアなど650種類のバクテリア源から守ります。そして、多数のウイルスの増殖と繁殖を防ぎます。
中でも、シルバーブレットAMは、ステンレススチールが配合され、他社では揮発性の塗料になってしまいますが、特殊な成分配合により、環境に良い水性で長期にわたって性能を発揮でき、ステンレススチールで表面を保護し、着色することが可能です。

約15年が経過しても99.99%の抗菌効果!
銀・銅イオンの特殊配合により長期的な耐久性が期待でき、メンテナンスコストも軽減に繋がります。
※場所によっては皮膜の摩耗も想定されるため3・4年に一度の塗り替えをお勧めします。

抗菌塗料は身体に影響を考慮したとても優しい原料で作られています。毒性の強い滅菌塗料では、菌に効果があると同時に人体にも影響が出てしまうこともありますが、人体への影響にも配慮し、菌に対して最大限効果のある抗菌塗料です。

シルバーブレットは国内外の様々な権威ある品質、安全性認定機関に認められた製品です。

  •  抗菌製品技術協議会
  •  日本食品分析センター
  •  米食品医薬品局(FDA)
  •  欧州食品安全機関(efsa)
SIAA

抗菌塗料シルバーブレットは、(財)抗菌製品技術協議会が定めた抗菌性と安全性をクリアーしSIAAを取得しております。
SIAAマークとは、財団法人抗菌製品技術協議会が定めた抗菌性と安全性をクリアした抗菌加工製品であることの証であり、製品やカタログなどに表示できるマークのことです。抗菌製品技術協議会の定める抗菌性とは、抗菌処理を施した製品の表面で細菌の増殖を抑制することであり、具体的には菌が製品表面 に付着後24時間経過したときの生菌数が、無加工製品上の生菌数と比べて1%以下であることと定義されています。

また使用される抗菌剤の安全性については、
1) 急性経口毒性でLD50(マウス等にその物質を投与した時に半数が死ぬ量)が2000mg/kg以上
2) 皮膚一次刺激性が刺激を認めない或いは弱い刺激程度
3) 変異原性が陰性
4) 皮膚感作性が陰性
と細かく規定されています。

使用用途

教育機関、児童施設、飲食・食品関連施設、食品加工機械、運搬車両、公共施設、交通機関、病院、老人ホーム、介護施設、冷暖房、換気、空調システム等の人が多く集まる場所や設備機器、イベント会場、展示会場、コンサート会場、ライブハウス、劇場、スタジアム、競技場、スポーツ観戦、カラオケボックス、映画館、遊園地、屋形船、スポーツジム、ゲームセンター、クラブ、高級料理店、飲食店、レストラン、ビュッフェスタイル、喫茶店、ホテル、旅館、カプセルホテル、クルーズ船、駅、空港、飛行機、電車、バス、タクシー、改札口、トイレ、洗面所、ATM、幼稚園、保育園、学童施設、図書館、学校、学習塾、屋内の閉鎖的な空間、つり革、手すり、カウンター、机、テーブル、椅子、ドアノブ、スイッチ、遊具、ショッピングカート、カート、レジ周辺機器、冷温蔵配膳車、保冷車、水廻り、厨房床、空調ダクト配管、エレベーター、ドア、壁パネル、航空コンテナ、航空保冷コンテナ、カーゴ、コンテナ内部、・・・など、飛沫感染や接触感染が考えられる箇所
抗菌塗料Silver Bullet
抗菌塗料Silver Bullet
抗菌塗料Silver Bullet
抗菌塗料Silver Bullet
抗菌塗料Silver Bullet
抗菌塗料Silver Bullet

その他様々な分野/用途で使用されています。

コロナウイルスとは

コロナウイルスとは、人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。コロナウイルスには多くの種類があり、人間に感染するのは、HCoV-229E、HCoV-NL63、HCoV-OC43、HCoV-HKU1、SARS(重症急性呼吸器症候群、SARS-CoV)、MERS(中東呼吸器症候群、MERS-CoV)、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の7種で、人から人へ感染します。物に付着したウイルスを触ることでの接触感染や、感染者の飛沫によるウイルスで飛沫感染します。

対策

新型コロナウイルス感染症は。ウイルス性の風邪の一種です。発熱や喉の痛み、咳が長引くこと(1週間前後)がおおく、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日と言われています。新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつると言われています。飛沫感染は、感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。接触感染は、感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触る事でウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されています。特に高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。
まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などに こまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、マスクなどで咳エチケットを行ってください。

米国立衛生研究所、米国立予防接種・呼吸器疾患センター(NCIRD)、プリンストン大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校などの世界トップの科学研究機関の共同チームが、新型コロナウイルスのエアロゾル及び材料表面における生存能力を専門的に研究した。実験結果によると、「ウイルスは空気中であれば3時間は生存するが、銅製品の表面であれば4時間、厚紙の表面では24時間、プラスチックやステンレスの表面の場合には2~3日にわたって生存すること」が確認された。

製品の特長

シルバーブレット製品の特長

メカニズム

空気中の湿気が、抗菌剤の表面を均衡に保てるよう、ゆっくりと安定した状態でイオン交換が進行し、その時の条件により、イオン交換プロセスを通じ、銀イオンが解放される。
メカニズム
抗菌システムに必要な3つの要素
・有効成分 : 銀イオン、銅イオン
・キャリア : ゼオライト
・放出機序 : イオン交換

抗菌処理面の抗菌プロセス

抗菌処理面の抗菌プロセス

飲食関係

シルバーブレットAMを前以て調理場内の清潔を必要とする場所に塗り、菌の増殖・繁殖を防ぐことで、食中毒予防の手助けをします。

食中毒予防の3原則
1.細菌をつけない!(清潔)
2.細菌を増やさない!(迅速)
3.細菌を処理する!(加熱や冷却)
細菌に時間を与えない

病院関係

感染源である微生物は空気中に存在しています。近年、院内感染で話題になっている薬剤耐性菌はMRSA(メシチリン耐性黄色ブドウ球菌)、多剤耐性緑膿菌、VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)、PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)、多剤耐性アシネトバクター、細菌の新型酵素としてNDM-1産生菌等が挙げられます。緑膿菌は見慣れた細菌ではありますが、とても手強く、一晩で発育し、湿気の多い所を好みます。
NDM-1産生菌は大腸菌や肺炎桿菌等の腸内細菌に蔓延し、市中感染として拡がる可能性があります。また、新生児のMRSA罹患も肺炎等から死に至る大きな問題となっています。
これらに対してもシルバーブレットAMにより、感染を最小限にとどめることが可能です。

飲食・食品関連施設

限りなく細菌の増殖を抑制し、食中毒を予防できます!お客様の信頼を得るには、サービス・味のみならず、清潔なお店であるかどうかも大きな問題です。せっかくおいしい食事を楽しんでもらうのに、食中毒の話題が出てしまっては信頼を失いかねません。
衛生管理や感染防止対策は様々ありますが、製品の表面における最近の増殖を抑制することで、食中毒や店内感染を予防します。
・厨房施設/機器
・食品製造設備/貯蔵施設
・グリストラップ
・製氷機内部
・水栓類やシンク
・トイレ
・人の手が触れる箇所
・その他・・・等

食品加工機械・運搬車両等

生物学的危害要因に対して、人の食品取扱い方法以外の対策で食中毒などの健康危害の発生を予防します。洗剤を使用しての激しい洗浄や運搬時のコンテナ内での接触等において、その過酷な環境によって腐食が起こり、関連して菌が増殖する可能性も考えられます。

シルバーブレットAM316を表面で保護することで、洗浄による腐食や接触・衝突による破損を防止し、高い抗菌性能で菌の増殖を抑制します。
・食品加工工場の設備・機器
・生鮮/魚市場等の冷蔵設備
・厨房機器
・冷蔵冷凍コンテナ等の運搬車両
・その他、食品と接触する機器や設備のドアノブ・水栓類・トイレ等

公共施設・交通機関等

多くの人が集う場所は手から手へと菌の付着・移動が起こります。
MRSAウイルスは非常にありふれた菌で、基本的に弱毒菌のため抵抗力があれば自分で駆除できますが、保菌してしまうことがあります。保菌の状態は感染ではありませんが、病原体が宿主の体内で増殖している場合があり、本人が気付かないままに感染源としての役割を果たす場合があります。(無症候性キャリア)
人が触れる場所に塗布することで、雑菌等の増殖を抑制し、感染を予防します。

病院・老人ホーム・介護施設

院内感染対策
・病気の治療のために入院したはずが、他のウィルスに感染してしまった。
・余生を有意義に過ごすために入居した老人ホームで、集団感染にあってしまった。
壁・ドアノブ、洗面台・トイレの水洗金具・手摺り等の湿気のある箇所に塗布することで感染を予防します。

教育機関・児童施設等

徹底した衛生管理で感染及び伝染を予防します。乳児は、母親から胎盤を通してもらっていた免疫(移行抗体)が生後数ヵ月後以降に減り始めるので感染症にかかりやすくなります。また、幼児・児童も抵抗力が弱く、ちょっとしたことで感染し、伝染する恐れが大いにあります。
抵抗力が弱く身体の機能が未熟な小さな子供が集まる場所では、徹底した衛生管理が必須です。
・手洗い場
・ドア/窓/手摺
・トイレ全般
・収納BOX
・ゴミ箱の内外
・その他

冷暖房・換気・空調システム

環境問題の浮遊菌を抑制します。飲食店・食品加工工場・医療施設・老人ホーム等の空調設備のダクト内部から吹き出てくる 浮遊菌(カビ・細菌・雑菌)が、人体や食品に悪影響を与えていることが問題視されています。
容易には手入れのできないダクト内部を塗布することで、内部のカビや雑菌等の増殖を抑制し、浮遊菌による問題を防ぎます。
・室内空調吹出口
・外気/給気ダクト内部
・ファン
・その他湿気の溜まりやすい箇所

抗菌試験

試験片の生菌数測定結果

抗カビ試験

抗カビ試験

抗菌塗料でお子様や高齢者を守りましょう!

メディアが連日伝えるコロナウイルス・インフルエンザウィルス・ノロウィルス・O-157といったウィルスの脅威、身近な所で身につまされることも多いのではないでしょうか? 特に小さなお子様や高齢者といった抵抗力の弱い方々の集まる場所では非常にデリケートな対応が求められます。多くの人が集まる場所には手から口から様々な菌が付着・移動します。これは当然のことです。菌を移動させないようにすることは不可能ですが、ある空間を菌が繁殖できない状態にすることは可能です。これだけで多くの感染を防ぐことは可能なのです。

様々なウィルスの感染は施設内でおこるケースが良く見られます。管理スタッフの皆さんが一生懸命施設内での手洗い、うがい等洗浄ケアを徹底しても施設外での行動までは管理ができません。ウィルスは外から持ち込まれるのです。持ち込まれたウィルスを施設の抗菌対策で繁殖させない、または死滅させる!人々の集まる場所が抗菌の出来た快適な空間になれば感染は防げます!

シルバーブレットの関係資料

Silver Bullet 概要書(PDF)
日本塗料検査協会 試験結果報告書(PDF)
日本食品分析センター 試験報告書(PDF)



詳細等は、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ


a:1665 t:1 y:8